CO2排出削減目標

地球温暖化の影響とは?

「地球温暖化」と聞くと、皆さまはどんな影響をイメージされるでしょうか?
"南極の氷が解けて海面が上昇する!"というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか? 実は地球温暖化の影響はこればかりでなく、例えば食糧不足や感染症の流行など、様々な深刻な事態が発生すると予測されています。

日本においても平均気温が上昇し、真夏日の増加や局地豪雨の発生増加などが懸念されます


柏市のCO2排出削減目標

柏市では2008年~2012年の間に1990年と比較して6%以上のCO2排出量を削減することを目標に掲げています。
柏市全体として年間約48万トン、そのうち、自動車からの排出に関係する運輸部門は約6万トンという目標値を設定しています。


6万トンのCO2とは一体どのくらいなのでしょうか・・・

6万t-CO2を、例えば、エアコンの使用で換算すると、エアコン約29万台を3か月毎日10時間使った時のCO2排出量に相当します。柏市の世帯数 約16万5千(H24)ですからエアコン約29万台がいかに多いか、お分かりになるかと思います。

あるいは、ガソリン車の使用で換算すると、6万t-CO2は、ガソリン車約65万台がタンク1回分走行した時のCO2排出量に相当します。柏市の自動車保有台数 約18万3千台(H21)ですからガソリン車約65万台がいかに多いか、お分かりになるかと思います。


6万トンのCO2を削減するには・・・

では、具体的にどうすればこれだけのCO2を削減することができるのでしょうか。

例えば、植林で削減するには。杉の木一本が1年間に吸収するCO2の量は約14kgと言われていますので、6万トンを吸収するには約428万本の杉の木が必要となります。これはちょうど柏市全域に杉の木を植林することに匹敵します。

また、節電で削減するには。柏市全世帯の電力使用で排出されるCO2排出量は約31万トンです。よって、6万トンを削減するためには、約20%の節電が必要となります。家庭内での20%の電力使用は、照明器具(13.4%)とエアコン(7.4%)を合わせたものに相当します。よって、柏市全世帯で1年間、照明を付けずエアコンを使用しなければ20%の節電が可能となります。(節電に関する数値は、環境省運営ウェブサイト「チャレンジ25キャンペーン/みんなで節電アクション!家庭でできる節電アクション」を参考に試算しています」)

ただ、いずれも現実的な方法とは言えません。


目標を達成するために・・・

本プロジェクトによる技術開発により、将来的に年間約5万トン(柏市運輸部門の2010年度CO2排出量推計値の約8%)のCO2排出量削減を目標として、柏市の環境に対する取り組みを後押ししようと考えております。
ご覧のホームページでは、柏市のCO2排出状況を視覚的にわかりやすく提供しております。
これらの情報と、皆さまの柏市における交通に関する経験を融合させ、環境に優しい行動を継続的に実施していただき、利用者が拡大することで、目標が達成できるものと考えております。

詳しくは「行動変容のススメ」をご覧下さい。

※当ページにおける数値等は、以下の情報を元に作成しております。
[1]省エネルギーセンター
[2]国土交通省
[3]柏市環境白書
[4]チャレンジ25キャンペーン(環境省運営)
[5]柏市地球温暖化対策計画(柏市)
(平成22年3月現在の柏市の自動車保有台数:183,000台)